何歳から始めても効果アリ!毛細血管を増やす生活習慣・エクササイズ
  • エイジングケアサプリの成分にはどんなものがある?特徴・効果をまとめました
  • お肌の若返りサプリ10選を徹底比較【口コミあり】
  • 毛細血管を修復するTie2(タイツー)とはどんなもの?老化と血管の深い関係
  1. 何歳から始めても効果アリ!毛細血管を増やす生活習慣・エクササイズ

何歳から始めても効果アリ!毛細血管を増やす生活習慣・エクササイズ

毛細血管は増やせる

「毛細血管を修復するTie2(タイツー)とはどんなもの?老化と血管の深い関係」で毛細血管が身体の中でいかに重要な臓器であるかを説明しました。しかし、そんな毛細血管は老化によって衰えたり、減少していきます。そこで修復の方法としてTie2(タイツー)を紹介しましたが、実はいくつになっても毛細血管は少しの工夫で増やすことが可能です。また、ゴースト血管になって死滅した毛細血管の再生はできませんが、初期であれば改善が可能なので、できるだけ早く対処することが大切です。

毛細血管を増やす生活習慣

1. 食事

まずは食事です。ブルーベリー葉、ヒハツ、シナモンなどが効果的な食べ物として挙げられ、Tie2(タイツー)の活性化によって毛細血管の修復が行われます。ただ、ブルーベリー葉などはお店で購入したりすることは難しいので、サプリメントでまとめて摂取することが望ましいです。また、玉ねぎに含まれる硫黄アリルや青魚に含まれるオメガ3脂肪酸のDHAやEPAも血流改善に効果的であり、非常に細い毛細血管を傷つけにくくなります。

2. リラックスする

リラックスすることも毛細血管を増やすことに影響してきます。リラックスしているときは副交感神経が優位になっていて、毛細血管も緩むようになっています。逆に緊張しているときやストレスを感じているときは毛細血管が収縮してしまうのです。毛細血管が緩めば血液の流れも良くなり、ゴースト血管の改善や、毛細血管の増加が見込めます。リラックスするには腹式呼吸を意識したり、瞑想をしてみることもおすすめです。腹式呼吸は自律神経の集中する横隔膜を刺激するので血管が緩みますし、瞑想の一種マインドフルネスなら脳を休めることができ、副交感神経を優位にしやすくなります。

3. 運動

毛細血管を増やす方法として3つ目に挙げられるのが運動です。運動をすることで血流量をアップさせることができます。運動を取り入れる際は、5分間の筋トレと15分間のウォーキングを行うといったように、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせると効果的。なぜなら、筋肉を鍛えることで眠っていた毛細血管が目覚め、さらに運動をすることで新しい毛細血管が生み出されるためです。また、ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれる場所です。椅子から立ち上がるときに背もたれをつかんで、両足のかかとをゆっくり上げ下げするだけでも血流を改善できます。ただし、過度な運動は逆効果になってしまいます。一気に長時間、多くの運動に取り組もうとするのではなく、適度な負荷を心がけてください。

毛細血管を増やす生活習慣

3. 睡眠

毛細血管を増やすためには睡眠の質を意識することも大切です。毛細血管は一日中大量の血液を運んで働き続け、知らない間に傷んでいます。その修復は睡眠中に行われるため、しっかりと睡眠時間を確保して睡眠の質を上げないと、修復は完全には行われません。質の高い睡眠を取るためにも、朝日を浴びて睡眠ホルモンを増やしたり、歯磨きは寝る30分前までに済ませておきましょう。

アンチエイジングにおすすめのサプリ特集∼飲み比べてわかった「本当に効く」成分∼
おすすめのアンチエイジングサプリ【Tie2 PLUS(タイツープラス)】

Tie2 PLUS(タイツープラス) おすすめのアンチエイジングサプリ【Tie2 PLUS】。Tie2を活性化させる「ヒハツエキス」のみならず、高いアンチエイジング効果が期待できる「ブルーベリー葉エキス」も高配合。様々な美肌・健康効果を持つ成分も多数配合されていて、口コミも高評価。高い効果が素早く実感できるおすすめのサプリです。

ページのトップへ