アンチエイジングしたい人が選ぶべき化粧水・美容液の成分は?
  • エイジングケアサプリの成分にはどんなものがある?特徴・効果をまとめました
  • お肌の若返りサプリ10選を徹底比較【口コミあり】
  • 毛細血管を修復するTie2(タイツー)とはどんなもの?老化と血管の深い関係
  1. アンチエイジングしたい人が選ぶべき化粧水・美容液の成分は?

アンチエイジングしたい人が選ぶべき化粧水・美容液の成分は?

肌老化を感じたらエイジングケア開始!

お肌の老化は知らない間に進んでいるものです。ふと鏡を見て意識したときにはシワやシミ、たるみが顔のいたるところに、という経験をした方もいるはず。できるだけ早くから対処したいものですが、老化が始まる時期は人によって異なります。アンチエイジングは開始する年齢が決まっているわけではないため、いつから始めれば良いのかは悩みどころ。そのため、アンチエイジングはお肌の老化を意識してからではなく、日頃からお肌の状態をよくチェックしておくことで開始時期を見極めましょう。化粧水や美容液をエイジングケアを意識したものに切り替えるポイントとしては、こんな自覚症状が出てきたら頃合いです。

  • シミが増えてきたと感じる
  • 口元や目尻に小ジワが目立つ
  • 毛穴の緩みが気になる
  • ほうれい線が以前より目立つようになった
  • 口角の端が下がってきた
  • 肌が乾燥し、お化粧のノリが悪くなった
  • 肌がくすんで顔のトーンが暗くなったように感じる
化粧品

エイジングケアにおすすめの成分

エイジングケア用の化粧品を選ぶにあたっては、ビタミンC誘導体やコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどの成分が含まれたものがおすすめです。ビタミンC誘導体はすでに言わずと知れた美容成分ですが、美白効果や毛穴の引き締め効果に加え、コラーゲンの合成を促進するなど、保湿効果も非常に高い成分です。コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドも、それぞれ異なる働きによって肌の保湿を助けてくれます。コラーゲンは肌にハリを出し、ヒアルロン酸は皮膚に潤いを保ち、セラミドは細胞膜を包み込むことで保湿を行います。これらの保湿成分がバランス良く配合されていることが理想的です。また、ターンオーバーの促進を行うレチノール、シワの改善に有効なEGFやFGF、コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分の生成を促進するプラセンタなども効果的です。

肌への優しさもポイントに

エイジングケア用の化粧品を選ぶ上で意識しておいてもらいたいことは、アンチエイジングが必要とされるお肌は自分で思っているよりも刺激に敏感になっている、ということです。若い頃は問題なくても、エイジングケアが必要になっている状態は刺激に弱いため、肌への優しさに十分考慮されたものを選ばなければいけません。保湿成分だけでなく、低刺激であることもエイジングケア化粧品を選ぶ際はポイントにしましょう。

アンチエイジングにおすすめのサプリ特集∼飲み比べてわかった「本当に効く」成分∼
おすすめのアンチエイジングサプリ【Tie2 PLUS(タイツープラス)】

Tie2 PLUS(タイツープラス) おすすめのアンチエイジングサプリ【Tie2 PLUS】。Tie2を活性化させる「ヒハツエキス」のみならず、高いアンチエイジング効果が期待できる「ブルーベリー葉エキス」も高配合。様々な美肌・健康効果を持つ成分も多数配合されていて、口コミも高評価。高い効果が素早く実感できるおすすめのサプリです。

ページのトップへ